DRIVE & LOVE「居眠り運転撲滅」のための安全運転スローガン

STOP! 居眠り・疲労運転

『ねむけざましたいそう』や『ねむけざましストレッチ』で、ドライブの合間に眠けをさましてリフレッシュ!

運転中につい眠くなる…そんな経験をされたことのある方も多いはず。
そんなときは『ねむけざましたいそう』や
『ねむけざましストレッチ』でリフレッシュ!
脚と体幹をしっかりと動かし、
アタマとカラダをシャキッと目覚めさせましょう。
『ねむけざましたいそう』と『ねむけざましストレッチ』 の3つのポイントはこちら>>

休憩中に手軽にできる!ドライバーの皆さまにおすすめ!ねむけざましストレッチ』はこちら


親子で挑戦!『ねむけざましたいそう』ムービーを観て、いっしょに踊ってみよう!

ねむけざましたいそう動画

「このコンテンツをご覧いただくには、ADOBE社が無償で配布している最新のFLASH PLAYERが必要です。FLASH PLAYERをインストールしてから、お楽しみください。
※Java Scriptが無効になっている場合は、有効にしてください」

GetAdobeFlashPlayer

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

♪ねむけざましたいそう   監修 /近畿大学 谷本道哉准教授
Music/本宿揚子
Vocal/フェイターン

ねむけざましたいそう振りつけガイドPDF

ねむけざましたいそう振りつけガイドPDF

解説付き振りつけガイドで『ねむけざましたいそう』をマスターしちゃおう!
『ねむけざましたいそう』保存版PDFは、こちらからダウンロードしてお使いください。

A3ヨコ 見開きタイプ(PDF)

A4タテ 2ページタイプ(PDF)

Get ADOBE READER

ねむけざましストレッチ

ねむけざましストレッチPDF

運転中に眠くなったら、SA・PAなどで休憩中に手軽にできる「ねむけざましストレッチ」。短時間で、カラダもアタマもスッキリします。
『ねむけざましストレッチ』保存版PDFは、こちらからダウンロードしてお使いください。

ねむけざましストレッチ保存版PDF

Get ADOBE READER

ねむけざましたいそう・ストレッチ3つのポイント

「眠け」や「睡眠」だけでなく、「筋生理学」の観点からも考えて開発された『ねむけざましたいそう』&『ねむけざましストレッチ』。監修いただいた谷本道哉先生にお話を伺いました!

谷本道哉(たにもと みちや)
近畿大学生物理工学部 人間工学科准教授 博士(学術)
日本オリンピック委員会医科学スタッフ。大阪大学工学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。専門は筋生理学、身体運動科学。著書は「スポーツ科学の教科書」(岩波書店)等多数。NHK「おはよう日本」の健康コーナー、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」等でも運動の効果をわかりやすく解説。
谷本道哉

  1. ポイント1:脚を動かして、アタマをシャキッと。
    運転中は、脚を大きく動かすことはあまりありません。その状態が1時間以上続くと、脚の筋ポンプ作用による血液の戻りが悪くなり、起立性低血圧(20mmHg以上の血圧低下)に陥りやすくなります。この血圧の低下が原因で、脳の血流が減少し、眠くなったり、頭がボーっとするのです。
    そこで、脚の筋ポンプ作用を促すために、足踏みや屈伸などで脚、特にふくらはぎ(心臓から遠く血液が戻りにくい)の筋肉をリズミカルに動かします。
  2. ポイント2:体幹を動かして、腰、首をシャキッと。
    運転中は、骨盤が後傾して猫背の姿勢になりやすく、腰への負担が大きくなります。同時に頭部が前にでるため、首と肩にも大きな負担がかかります。この猫背の姿勢が長時間続くと、背骨まわりの関節の動きが固まり、筋肉もこわばるため、大きな疲労感を覚えるのです。
    そこで、固まった関節と筋肉をほぐすため、前後屈や首・肩の動きなどで体幹をゆっくりと、じっくりと動かします。
  3. ポイント3:大きくまばたきして、目をシャキッと。
    運転中は、目を酷使します。さらにエアコンによる車内の乾燥で目の表面が乾きがちになり、これが疲れ目を増長します。
    そこで、体操をしながら大きなまばたきを繰り返し、涙腺を刺激して目の表面の乾燥を軽減。目のコンディションを良好にします。

    ★車でお出かけの際には、疲れ目・ドライアイ対策に目薬を用意しておくことをおすすめします。

強い眠けを感じる時は、少しでも仮眠をとりましょう。