笑顔予測診断

2017.03.23 UP

第9回「プロジェクトメンバ―交流会」を開催しました!

『みんなでいっしょに交通安全ゼロを目指すプロジェクト』DRIVE&LOVEでは、
プロジェクトメンバーの皆さまと定期的に「プロジェクトメンバー交流会」を開催しています。
(※プロジェクトメンバー:DRIVE&LOVEの趣旨にご賛同いただき、当事務局に参加表明をして頂いた企業及び団体のみなさん)

第9回となる今回は、12月1日(木)の高松を皮切りに、福岡、広島、大阪、
そして12日(月)東京の5会場で開催し、43の企業・団体から58名の方にご参加いただきました。

<当日の各会場の様子>

9thProject.png

今回の交流会では、これまでと少し趣向を変えて、ワークショップをメインに行いました。
「共有⇒拡散⇒収束」という流れを軸に、共有の部分では事務局からDRIVE&LOVEの活動現状をご報告。 その後グループ内で「思いやりで事故を減らすために、DRIVE&LOVE活動で何をやるか」をテーマに意見を出し合いアイディアを拡散、最後はグループ内で意見をまとめて収束、という流れで進行しました。

まず初めに、このワークショップ限定の「ニックネーム」をそれぞれが設定しました。
それによって役職などの肩書きが取り払われ、フラットな立場で意見交換をすることが出来ました。
ファシリテーターの「雷」さんを筆頭に、みなさん思いおもいのニックネームを考案。
「桜島」さん、「山男」さん、「うどん」さんなど個性的なお名前で気軽に呼び合うことで、とても和やかなムードに。

ただ情報を得るだけではなく、自ら「考える」体験を通して、参加者の皆さまと楽しく充実した時間を共有することができました。会場別に、交流会の様子をご紹介いたします!


高松会場 福岡会場 広島会場 大阪会場 東京会場


【12月01日 高松会場】

9thTakamatsu.png

高松会場では「とにかく褒め合おう」という意見が多い印象でした。
面白かったのは「モテ運転」というもの。モテを意識すること、すなわち周囲に気遣いが出来る余裕のある運転が交通安全に繋がる、というものです。

●今回、ご参加頂いたプロジェクトメンバーの皆さまは以下の通りです。(五十音順)
㈱エフエム愛媛、千登世商事㈱、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)、本州四国連絡高速道路㈱


▲会場選択へ戻る



【12月05日 福岡会場】

9thFukuoka.png

福岡会場では「ナビの声を家族の声に」「ドライバー専用アプリをつくる」など、 「良い運転をするための具体的な施策」の意見が多く出ていました。

●今回、ご参加頂いたプロジェクトメンバーの皆さまは以下の通りです。(五十音順)
㈱エフエム福岡、九州産交リテール㈱、㈲コア、西日本パブリック㈱、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)、風月フーズ㈱、宮交ショップアンドレストラン㈱、ロイヤル空港高速フードサービス㈱


▲会場選択へ戻る



【12月07日 広島会場】

9thHiroshima.png

広島会場では、終始笑いの絶えない賑やかなワークショップとなりました。
ここで目立った意見は「いいことを、WEBを通じて発信しよう」というもの。
それによって「自分もこんな素敵な運転をしよう」という目標や動機になるといいですね。

●今回、ご参加頂いたプロジェクトメンバーの皆さまは以下の通りです。(五十音順) トールウェイサービス㈱、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)、本州四国連絡高速道路㈱、サルボ両備㈱


▲会場選択へ戻る



【12月09日 大阪会場】

9thOsaka.png

大阪会場は、最多の参加者がいらっしゃいました。
その分だけ「拡散」のフェーズが大きく広がりましたが、どのチームも最後はうまく「収束」していました。サンキューハザードなどに代わる、新しい「アリガトウ」のサインを作りSNSで流行らせるなど、時世を活かした意見が注目を集めていました。

●今回、ご参加頂いたプロジェクトメンバーの皆さまは以下の通りです。(五十音順)
アイランドフューチャーコーポレーション㈱、特定非営利活動法人いきいきハイウエイ支援全国ネット、株式会社ウエスト神姫、関西電力㈱、近鉄バス㈱、光明興業㈱、コカ・コーラウエスト㈱、シンエーフーヅ㈱、神姫バス㈱、水了軒紀州食品産業㈱、㈱泉南オートグリル、トールウェイサービス㈱、中日本高速道路㈱、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)、㈱ニューモンブランフード、阪神高速道路㈱、ビンズ㈱、本州四国連絡高速道路㈱



▲会場選択へ戻る



【12月12日 東京会場】

9thTokyo.png

東京会場は、「みんなが安全運転したくなる仕掛けや車をつくる」というところを重視している印象を受けました。「楽しいときは笑顔になるよね。車を好きになって、運転を楽しく感じられれば事故は減るのでは?」という意見が印象的でした。

●今回、ご参加頂いたプロジェクトメンバーの皆さまは以下の通りです。(五十音順)
㈱オートバックスセブン、㈱グランビスタホテル&リゾート、㈲湘南車検センター、㈱白糸ハイランドウェイ、東京海上日動火災保険㈱、㈱ネオリング、本州四国連絡高速道路㈱、㈱みずほ銀行、㈱三井住友銀行


▲会場選択へ戻る



【総括】

今回は「講義」時間を設けず、 "「誰の」「何を」「どう動かすのか」"を導き出すためにみんなで考える「ワークショップ」を中心としたプログラムを組ませていただきましたが、参加者のほぼ全員が好意的な感想を持ってくださいました。

「どんどん意見を出し合い、座学では得られない考える機会を得ることがきたのがよかったと思う」
「実現可能性を無視してアイデアを出し合えたことでおもしろい話ができたと思う」
「安全運転という目的に対して様々なアプローチの仕方があることを、他の方々とのディスカッションを通じて感じた」

など、ただ単に楽しかったという意見ではなく、「アイディアを出す手法」「情報交換の手法」として、今回のワークショップ形式を高く評価していただきました。
他のプロジェクトメンバーがどんな思いで参加されているのか、普段なかなか知ることが出来ない部分を共有できたのではないでしょうか。

そのうえで皆さまが一様に「この活動をもっと広く知ってもらいたい!」と仰ってくださり、事務局一同とても嬉しく思っております。

今後もさまざまな企画をご用意し、定期的に交流会を開催する予定です。今回ご出席の皆さまはもちろん、ご都合が合わず残念ながらご参加いただけなかったプロジェクトメンバーの皆さまのご参加もお待ちしております。

また、皆さまの交通安全活動や、チラシやポスターにロゴを使用していただくなどの活動広報の実施状況について、どんどん当サイトにて発信させていただきますので、皆さまからのご連絡をお待ちしております!

今後ともDRIVE&LOVEプロジェクトを、よろしくお願いいたします。




事務局:西日本高速道路株式会社