笑顔予測診断

2013.05.28 UP

【Honda】新サービス「SAFETY MAP」をスタート

プロジェクトメンバーである本田技研工業株式会社さまの交通安全の取組みをご紹介いたします。

■Honda(本田技研工業株式会社)は、インターナビから収集した急ブレーキ多発地点データと、交通事故情報および地域住民などから投稿される危険スポット情報を地図上に掲載した「SAFETY MAP」(http://safetymap.jp)をスタートさせました。

safetymap.jpg

SAFETY MAPとは、ドライバーのみならず、歩行者・ライダー・自転車利用者等、すべての交通参加者に、危険が潜んでいる可能性のある場所の情報を提供・共有することで、安心な街づくりをサポートするソーシャルマップです。 ぜひご覧ください。

safetymap_sample.jpg

現在は、 埼玉県警察本部から提供された交通事故情報やゾーン30情報に加え、Honda独自のインターナビ急ブレーキ多発地点や一般投稿情報を分かりやすく地図上に掲載することにより、幅広く交通安全推進に活用されることを目指しています。まずは埼玉県内のマップを公開し、今後は他地域への展開も検討していきます。

Hondaは安全グローバルスローガンを「Safety for Everyone」と定め、今後も共存安全による「事故ゼロのモビリティー社会」の実現を目指していきます。

Hondaさま、ありがとうございました。