title

MENU

笑顔予測診断

第33話 「他人の笑顔は自分の運転を映す鏡」

登場人物

  • 走太くん

    せっかちな通勤ドライバー。ハンドリングが荒いけど、自分の運転技術に自信のあるおにいさん。

  • 道子ちゃん

    おだやかで心配性な週末ドライバー。慎重すぎるため車線変更ができないおねえさん。

  • 歩くん

    お調子者のペーパードライバー。日々ネットから情報を取り入れる、とにかくモテたいおにいさん。

  • ドラブ―

    道路と、そこを走るクルマやヒトが大好きな道路の妖精。3人を見守りつつ、ツッコミを入れつつ、まとめていく。

あらすじ

荒い運転が特徴だった走太くんだけど、事故を経て、人が変わったように丁寧な運転を心掛けるようになったみたい。道子ちゃんも、バイク教習を通じて臆病な性格が少しずつ前向きに変わっている様子。一方で、そんな2人を見た歩くんは……?


  • 僕、思うんだけどさ……。

  • どうしたの?深刻そうに。

  • 珍しいな、歩が悩むなんて。

  • “モテる運転”について本気で考えていたんだ。
    どうしたらモテるようになるのかなって。

  • ぜんぜん珍しくなかった。

  • いつも通りね。

  • 違うよ!今回は本気で考えてみたんだよ!
    こないだ、走太の運転を見たときにピンと来たんだ。
    アレこそが“モテる運転”なんじゃないかって……!

  • ……と、いうと?

  • 生まれ変わった走太の運転は、すごく余裕があるように感じられた。“モテる運転”の極意がわかれば、普段の生活でもモテる気がするんだ。

  • なるほどね。走太くん、運転の際に何か心掛けていることはあるの?

  • う~ん。以前の俺は、自分のスピードやハンドリング技術を誇示するために、結構好き勝手に運転していたんだ。それこそ、他のドライバーや同乗者の気持ちなんて考えたこともなかった。

  • そうね、走太の運転とても怖かったわ……。

  • でも最近は、他人の気持ちを考えるようになったよ。
    最初は“こういう運転をされたら怖いかな?”と考えていたんだけど、車線を譲ったりしていると、相手が笑顔でお礼をしてくれることに気付いてさ、だんだん“こういう運転をされたら嬉しいかな?”って考えるようになったんだ。

  • 本当に変わったのね、走太くん。

  • 俺、以前の運転で他のドライバーからお礼を言われたことも、
    笑顔を返してもらったことも無かったってことに、初めて気づいたんだよ。
    初めて笑顔でお礼のサインを出されたとき、心がとてもあったかくなってさ。“他人は自分を映す鏡”とはよく言ったもんだよな。優しい運転をするようになってから、優しくされることが増えたんだ。

  • 確かに、自分の行いは良くも悪くも、いずれ自分に返ってくると言うものね。これはかなり参考になるんじゃないかしら。ねえ、歩くん?

  • あ。ごめん。こんなまともな回答が得られると思っていなくて、全くメモしていなかった。今からメモするからもう一回最初からお願いしていい?

  • お前……。


走太くん、すっかり素敵なドライバーになったブー!道子ちゃんの言うように、自分の行いは良くも悪くも自分に返ってくるものだからねっ。走太くんは自分が体験した怖い思いを通して、今までの運転を顧みることができたんだブー。優しい運転をするようになってからは、自分も、周囲も、笑顔になれることを発見できて楽しそうだなあ。……歩くんは、そんな2人を見てどうするのかな?