title

MENU

笑顔予測診断

第30話 「バイク七転び八起き」

登場人物

  • 走太くん

    せっかちな通勤ドライバー。ハンドリングが荒いけど、自分の運転技術に自信のあるおにいさん。

  • 道子ちゃん

    おだやかで心配性な週末ドライバー。慎重すぎるため車線変更ができないおねえさん。

  • 歩くん

    お調子者のペーパードライバー。日々ネットから情報を取り入れる、とにかくモテたいおにいさん。

  • ドラブ―

    道路と、そこを走るクルマやヒトが大好きな道路の妖精。3人を見守りつつ、ツッコミを入れつつ、まとめていく。

あらすじ

荒い運転が特徴の自信家・走太くんと、ネット情報好きのお調子者・歩くん、バイク教習へ通い始めた小心者・道子ちゃんは、楽しかった海への小旅行を終え、また平穏な日々へと戻っていく。少しずつ成長できているのかな……?


  • あ、道子ちゃん久しぶりだね!バイクの教習どう?

  • あれからきちんと毎週通って、順調よ!あと少しで卒業検定だわ!

  • おお!頑張ってるじゃん!心なしか表情が明るくなったね!

  • あら、そうかしら。

  • うん。いつも消極的な内面が表情に出てるけど、少し自信がついてきたんじゃない?

  • そうね……。自動車の教習では、失敗しないのが当たり前だったじゃない?
    そりゃS字クランクで脱輪とか、縦列駐車でぶつけそうになった事はあったけど、教習中に横転する話とかって聞かないでしょ。

  • うん。

  • でもバイク教習は、すごくミスするの。エンストはもちろん、立ちゴケするし、スラロームでも転倒するし……。

  • ……。(え……、それって自信の喪失に繋がらないのかな……)

  • でも教官が“教習所にいるうちにたくさんチャレンジしてたくさん失敗しておけ”って言ってくれたの。公道でのミスはそれこそ命に関わることもあるけど、そうならないためにもここでたくさんチャレンジして失敗することで感覚を掴めばいいんだって思ったら、すこし気持ちが楽になったのよ。

  • 以前の道子ちゃんだったら、きっと失敗が怖くて消極的になってしまっていたよね。

  • バイクに乗って、たくさん失敗して転んで怖い思いしたけど、苦手な操作から逃げずに挑戦したおかげで、けっこう上手く乗れるようになったのよ。時には思い切ってチャレンジすることも大切だって学んだわ。

  • ううっ……(泣)、道子ちゃん、成長したんだね……っ!

  • もう、泣かないでよ。大袈裟ね。

  • はあ、走太も少しは見習ってほしいよ。
    安全運転の意識、少しは出てきたみたいだけど、でも相変わらず運転が荒いし、アイツはちっとも成長しないよ。

  • そういえば走太くん、以前、不吉な夢を見たって言ってたわよね。
    普通、そういう怖い夢を見たら少しは行動を改めるものだけど……。

  • 一回痛い目にあわないとわからないタイプなんだよ。

  • 歩くん、そういうことは思ってても言っちゃダメよ!
    でも近頃なんの連絡もないし、ちょっと心配ね……。


バイクは、車と同じくらいのスピードで走る乗り物だけど、車と違って身体がボディに覆われていないから1回の転倒で大事に至ることもあるんだブー。だからこそ、教習所でプロが見守るなかたくさん失敗をして、バイクを操る感覚を身体にしみこませておく必要があるんだブー!自動車の教習では1度もミスをせずに卒業する人もいるけど、バイクの教習ではなるべく傾け方やクラッチ操作など、苦手に感じるものこそチャレンジして感覚を掴もうっ! ……ところで走太くん、なんだか嫌な予感がするブー。