title

MENU

笑顔予測診断

第17話 「バイクの道も一歩から」

登場人物

  • 走太くん

    せっかちな通勤ドライバー。ハンドリングが荒いけど、自分の運転技術に自信のあるおにいさん。

  • 道子ちゃん

    おだやかで心配性な週末ドライバー。慎重すぎるため車線変更ができないおねえさん。

  • 歩くん

    お調子者のペーパードライバー。日々ネットから情報を取り入れる、とにかくモテたいおにいさん。

  • ドラブ―

    道路と、そこを走るクルマやヒトが大好きな道路の妖精。3人を見守りつつ、ツッコミを入れつつ、まとめていく。

あらすじ

道路の妖精ドラブ―は、毎日高速道路で急いでいる走太くんに興味津々!
観察しているうちに、走太くんの幼馴染の道子ちゃん、歩くんにも惹かれていくよ。
旅行から帰って、少しは心境の変化があったのかな?これからの3人が楽しみだね!


  • ……。

  • どうしたんだろ、道子ちゃんがすっごく険しい顔をしているよ。(コソッ)

  • どうせ、また後ろからクラクションでも鳴らされたんだろ。(コソコソッ)

  • ……決めた。私、バイクの免許をとりに行くわ。

  • え。

  • ええーーー!?急にどうしちゃったの?道子ちゃん!

  • こないだ祖父母の家に遊びに行っていたときにね、
    ある女性ライダーと出会ったの。
    観光地でもなんでもない普通の田舎町だから、
    あんなふうに人が来るのって珍しくて、つい声をかけちゃって……。
    “何しにいらっしゃったんですか?”って聞いたら、その人、なんて答えたと思う?

  • “道に迷った”とかじゃねえの?

  • ううん、“わからない”って答えたのよ。

  • えっ、どういうこと。
    それでどうしたら道子ちゃんがバイクの免許を取りに行く
    流れになるの!?そっちのほうが“わからない”だよ!

  • その人、とにかくバイクで走るのが好きなんですって。
    目的地はどこでもよくて、
    とにかくバイクで走って気持ちのいいところへ行きたいんだってさ。
    その時気付いたの。
    私にとってドライブって目的地へ行くための手段であって、
    ドライブそのものを目的にしたこと、今までなかったなって。

  • ああ~。

  • なるほどな。

  • すごく楽しそうに、今まで見たものとか、行った場所の話をしてくれて、
    目的地先行で旅行先を決めていたんじゃ、とてもじゃないけど知り得ない
    風景写真を見せてくれてね、いいなあって思ったのよ。

  • すっかり影響受けちゃったってわけね。

  • でも、車の運転すらビビってる道子が、バイクなんか危険じゃねえのか?

  • そのための教習所じゃない!臆病な性格を克服するためにも、私、
    チャレンジしてみたいの!

  • でも……。

  • 走太、ここは道子ちゃんのやりたいようにさせてあげよう。
    すぐ公道にでるわけじゃないんだし、
    教習所で向いてないって思ったら諦めて
    帰ってくるよきっと。(コソッ)

  • まあ……、そうだよな……。(コソコソッ)


車やバイクのような「乗り物」はいわゆる「交通手段」だから、普通は「○○へ行きたいから車(バイク)に乗る」っていう考え方をするよねっ。でも中には「車(バイク)に乗りたいから○○へ行く」という考え方をする人もいるんだブー!目的と手段の関係を入れ替えるだけで、行き先の選択肢は案外ひろがるかもよっ!道子ちゃんもすっかり影響されちゃったみたいだブー。がんばれっ道子ちゃん!