title

MENU

第6話 「眠れる獅子に運転はできない!」

登場人物

  • 走太くん

    せっかちな通勤ドライバー。ハンドリングが荒いけど、自分の運転技術に自信のあるおにいさん。

  • 道子ちゃん

    おだやかで心配性な週末ドライバー。慎重すぎるため車線変更ができないおねえさん。

  • 歩くん

    お調子者のペーパードライバー。日々ネットから情報を取り入れる、とにかくモテたいおにいさん。

  • ドラブ―

    道路と、そこを走るクルマやヒトが大好きな道路の妖精。3人を見守りつつ、ツッコミを入れつつ、まとめていく。

あらすじ

走太くんの車で広島旅行をすることになった3人。旅行当日を迎えたが、走太くんが事前点検をかたくなに拒否し、空気はすっかりピリピリモードに。気を取り直して車に乗り込んだ3人だけど……?


  • いや~!楽しかったね広島!そろそろ帰ろうか!

  • そうね。良い週末だったわ。

  • 明日からまた会社か~。現実に戻りたくないな~……って、あれ?走太?

  • ……zzz

  • あら、寝ちゃってるわ。

  • えっ帰りの運転どうするの!?走太は一度寝たらなかなか起きないよ!

  • 困ったわね。

  • 道子ちゃん代わりにやってよ、週末たまに運転しているだろ?

  • わわわたしはむりよ!人の車、しかも新車を私が運転できるわけがにゃいじゃにゃい!!!

  • 落ち着いて道子ちゃん!!冷静に考えてごらん。
    寝ぼけた走太と、免許取得以来一度も運転していない僕と、道子ちゃん……誰が一番安全かな?

  • (……いや、五十歩百歩よ…!)

  • それに、疲れた走太を叩き起こしてまた運転させるのもかわいそうだろ?
    行きも、道中も、ずっと運転していてくれたじゃないか。

  • う~~、わかったわ。走太が起きるまで、頑張ってみる。

  • ありがとう道子ちゃん!じゃあ走太は僕が責任を持って車のトランクまで運んでおくね!

  • 普通に後部座席に運んであげて!

  • ……zzz


仮に運転のうまいドライバーがいたとしても、コンディションにとても左右されるということを忘れてはいけないブー!お互いにその時々の体調などを気遣って、みんなで代わってあげられるといいよねっ!それにしても道子ちゃん、大丈夫かなあ……?