SPECIAL03 冬こそクールな運転を

冷たい風が街を吹き抜ける冬こそ、車での移動は便利ですよね。
でも、冬の運転はほかの季節にはない注意点もたくさんあります。
この冬は、寒さに負けないほどクールな気持ちで、安全運転を心がけましょう。

冷静な安全確認が大切!冬のドライブ4つのポイント

積雪や路面の凍結で、いつもと同じような運転は難しい冬。
快適にドライブを楽しむためにも、念入りな安全確認が大切です。
特に気をつけたい、冬道運転4つのポイントをご紹介します。

  • image

    橋の上は凍りやすい!

    遮るものがなく、いつも冷たい風にさらされている橋の上は、冬の道路の中でも特に凍りやすい場所。
    橋をわたる時は、スピードを落として十分注意しながら進みましょう。

  • image

    坂道は上り優先

    特に雪の坂道では上りの方が再発進がしにくいので、対向車とすれ違う時は、上りの車を優先しましょう。

  • image

    「急」のつく運転は厳禁

    凍った道では、タイヤのグリップ力が格段に落ちてしまいます。スピンやスリップの原因になる急ハンドル、急ブレーキなど、「急」のつく運転はしないようにしましょう。

  • image

    余裕をもった給油

    ゆっくり慎重な運転を心がけると、それだけ運転時間がかかりますし、燃料も思っているより早く減っていきます。早めはやめの給油を心がけて、余裕をもった運転をしましょう。

image

出かける前に確認!冬用ドライブチェックリスト

  • スタッドレスタイヤに代えた?
    0℃以下でも硬くなりにくいゴムでつくられたスタッドレスタイヤ。表面が大きな凸凹で滑りにくく、冬の運転では 必須の装備です。
  • タイヤチェーンとジャッキは積んである?
    雪が深く、スタッドレスタイヤだけでは通行できない道路もあります。タイヤチェーンとジャッキのセットは常備しておきましょう。
  • 雪かき棒は準備した?
    車の上やウィンドウに積もった雪は、走行中に視界を遮ることがあり危険です。雪が積もってもすぐ取り除けるように、雪かき棒があれば安心です。
  • バッテリーの状態は確認した?
    気温が低いと、バッテリーの液温が下がって負荷が増えてしまい、その結果バッテリーが上がりやすくなります。ドライブ前に状態を確認しておきましょう。
  • タイヤの空気圧は大丈夫?
    気温が下がると空気も縮みます。タイヤの中の空気も、気がつくと空気圧が下がっていることがあり、パンクの原因に。不安な時は、ガソリンスタンドで確認しましょう。
何よりも、気持ちにゆとりを持って運転することが大切です。
冬の道は運転しづらく、時間がかかってしまいます。
その分だけ気が焦ることが、運転トラブルの大きな原因。
いつもよりも早めに出発する、万全の準備を整えておくなど、
心に余裕を持ったセーフティードライブで、
スベらない冬ドライブを満喫しましょう。
  • 連載コラム きれいなドライブ
  • SPECIAL01 銀世界のキャンプ
  • SPECIAL02 魅力たっぷり、冬の海
  • SPECIAL03 冬こそクールな運転を

pagetop